任天堂スマホアプリ「スーパーマリオラン」の事前情報コーナー!

任天堂はかなり気合入れてマリオランを作ってるみたいですね!

 

 

任天堂のマリオランに対する本気

アナリストや市場が期待していた任天堂のパラダイムシフトは100億円とかのレベルではないはずだ。任天堂は、2015年にDeNA <2432> との提携でスマホマーケットに参入することを決めた。この決定は、任天堂の創業者でカリスマ社長であった故・山内氏のつくったビジネスモデルから、ついに任天堂が脱却する表明だったのだ。

 
スマホの普及でスマホゲーム市場という新しい市場が完全に立ち上がった。任天堂は、自社製品を侵食するとして一貫してスマホ市場への参入を拒否したためにこの市場に乗り遅れた。2012年3月期に営業利益ベースで赤字となり、営業赤字が3期続いた。

 

従来の任天堂のビジネスモデルである、自前のゲームコンソールを赤字覚悟でプラットフォームとして普及させたうえで、自社ソフトの売上、サードパーティのソフトの委託生産料やロイヤルティ収入で稼ぐというスタイルはもう機能しなくなっていた。

 

アナリストや市場は、任天堂の保有するポケモンやマリオやゼルダといった知的財産(IP)は日本が世界に誇る強力なコンテンツであり、そのIPを行かす方向に行くべきだと考えていた。任天堂がついに決意をしたのが2015年のDeNAと提携だったのだ。

 

スーパーマリオランは元祖スーパーマリオのように、マリオが走ったり跳んだりしながらコインを獲得し最後にフラッグに飛びついてゴールするダンジョンが続く。

 

スマホプラットフォームなので片手で操作できるようになっている。非同期バトルモードも備わっていて、第三者と対戦することも可能だ。集めたコインでキノ コ王国を作成できる機能もあるようだ。基本的には、無料でプレイできるが、ゲームの全コンテンツにアクセスするには課金が必要なシステムになる見込みだ。

 

スーパーマリオランは、任天堂の最強IP(知的財産)を任天堂が開発したアプリで配信、サーバ関係をDeNAが担当する。市場が任天堂の回復のために必要 と考えていたストーリーに近いだろう。マリオの投入は今期中とは思われてはいなかったので、ポジティブサプライズだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160919-00000010-zuuonline-bus_all

 

今まで任天堂は頑なにスマホアプリ業界を否定してきました。

しかし、やっぱり家庭用ゲーム機だけでは採算がとれなくなったんでしょう。

ついに、ポケモンGOで本格的に参入してきました。

マリオランだけでなく、来年にはどうぶつの森やファイヤーエンブレムなどのタイトルも投入予定で今後もリリースしていくと予想しています。

 

ただ、任天堂はスマホアプリで稼ぐつもりはあまりなく、本来の家庭用ゲーム機で稼ぎたいと思ってるみたいですね。

スマホアプリはその導入部分。

失ったゲームユーザーを取り戻すためにすぎないということです。

新型ゲーム機NXの発売で、かつてのようなスーパーファミコン全盛期を復活させたいんでしょう。

 

なのでマリオランの成功がこれからの任天堂の成否がかかっています。

ポケモンGOも成功しましたが、今はもう下火。

というより、スマホアプリは流行り廃りがはやいので常にヒットタイトルを出さないといけません。

マリオランにも飽きない工夫というものをしてもらってこまめにアップデートして楽しませてほしいですね。

どうぶつの森などのアプリの配信延期するくらいですから、かなり本気のようです。