WS000131

スーパーマリオランの最新情報コーナー!

Android版が無料になる可能性・・・!?

気になるニュースを見つけました!

 

マリオランの買い切りタイプは大不評

ローンチ時にマリオランは10ドル(日本では1200円)の「買い切り型」の有料ゲームとしてリリースされた。アップルのアップストアでは無料ゲームとして表示されていたが、しばらくやり込むと突然10ドルを要求される仕様には、一部のユーザーから苦情も出ていた。

 

当時、筆者は「任天堂はマリオランを10ドルのプレミアムゲームとして公開することで、マリオのブランド力の毀損を防いだ」との持論を展開したが、フォーブスの同僚記者のポール・タッシは「無料ゲームとして公開していたとしても、大した違いは無かった」と指摘した。下記が当時の彼の文章だ。

 

「任天堂がスーパーマリオランをフリーミアム型で提供していたとしても、ブランドを毀損することはなかっただろう。ゲームの内容や醍醐味を何ら変えることなく、ラリーチケットやコインを集めるために課金することは十分可能だ。

 

そもそも、キノピオラリーで何度も勝たなければキャラクターをアンロックできないのは、フリーミアムゲームの仕組みと同じだ。筆者は当初から任天堂がフリーミアム型を敬遠している理由が理解できなかったが、アプリリリース後のレビューを見てその思いを一層強くしている」

 

筆者は彼のこの発言に感化され、マリオランのアンドロイド版は、無料ゲームにすべきだという思いを強めている。アンドロイドでは海賊版も横行し、プレミアムゲームとしてのマネタイズには苦労しやすい。

 

無料ゲームのマネタイズに関してはいくつもの前例がある。ポールが指摘するように、キノピオラリーのチケットに課金したり、スキンや体力回復アイテムの販売も可能だろう。任天堂にはゲームのコア部分は無料にしつつ、ゲーム内課金で稼ぐ方法がいくらでもあるのだ。

 

スーパーマリオランを無料ゲームとしてリリースすることはアンドロイドユーザーだけでなく、アナリストや任天堂の株主らもハッピーにするだろう。無料ゲーム化したほうが任天堂はより多くの利益を得られるのだ。たとえ、一部のiPhoneユーザーらが腹立たしく思ったとしてもだ。

 

任天堂が今後も一部のゲームをプレミアム型でリリースすることには反対ではない。しかし、その場合はマリオランのiOS版の時以上に慎重な姿勢が求められる。アップストアで「無料」と表示されていたゲームが、3ステージを進んだ後に突然、課金を要求されるような事態は防ぎたい。

 

モバイルゲームの世界では無料プレイがスタンダードであり、アンドロイドにおいては特にその傾向が強いのだ。

 

引用元:http://forbesjapan.com/

 

マリオランAndroid版の無料公開はある!?

すでにiOS版が有料で配信されているので、Android版だけ無料ということは考えにくいです。

あるとしたら、iOS版の課金者に全て返金しないといけません。

現実的にかんがえると難しそうですね・・・。

 

ただ、今回の課金システムの不評を受けて任天堂も今後買い切りアプリを作ることは少なそうです。

マリオですら話題になったのは一瞬だけでしたからね。

海外ではいいのかもしれませんが、日本国内では課金要素がキツくても無料で遊べるガチャありソシャゲの方が面白いということです。

ですので、もし次のマリオアプリが出るとしたら今度こそ無料ソシャゲになるかもしれませんね(ニッコリ)